広島県民文化センター

ご利用案内

注意補足(ホール/楽屋/練習室)

打合せについて

  • 事前の打合せを細部にわたり綿密に行い、行事計画について管理者の確認を得て下さい。
    照明、音響、舞台等設備使用の概略が確認できる図面(仕込み図)を事前に提出し、必要な打合せを行って下さい。(ご利用日の20日前まで)
    ホール貸出時間帯を厳守し、行事運用に無理のないよう配慮して下さい
  • 許可申請の必要な事項については、あらかじめしかるべき処理をし、監督者の指示に従い必要書類を提出して下さい。(裸火等における解除申請、物品の販売等)書式用紙のないものも、口頭での確認で済まさず書面で申請して下さい。

施設運用について

  • ホール諸設備の使用に際しては、監督者の指示に従い適切な運用を行って下さい。設備の能力を理解、把握し、危険を伴う行為は厳に慎んで下さい。
  • 技術関連の業者におかれては、作業の難易度に応じた力量経験を有する作業者を配し、事故の発生に繋がるミスのないよう心掛けて下さい。また、技術者の人数についても、適切な配置を考慮して下さい。舞台作業マニュアルを遵守し、無事故、安全を常に念頭において作業に従事して頂くようお願いいたします。
  • 基本料金は前納になっております。(楽屋・防属設備使用量・人件費については当日現金にてお支払い下さい)
  • ホールの設営に係わる人件費は別途かかります。
  • ホール設営の際、ガムテープやセロテープを使用して壁に展示物を貼らないで下さい。
  • ホール設営部品・資材・個人的な荷物等、使用日の前後及び当日のお預かりはいたしません。(使用時間内に荷物の搬入・搬出をお願いします)
  • 当日ホールに出席される方のお荷物はお預かりいたしませんので主催者側でクローク用のお部屋をご用意下さい。(貴重品の保管は十分注意して下さい)
  • 使用後は、花やお弁当など持ち込まれたものはすべてお持ち帰り下さい。
    (フラワースタンドの撤去手配もお願いします)
  • ホール内・ロビーでのお食事はお断りいたしております。

2.許可の必要な行為

次の行為は、利用日前にセンター職員の許可を受けてください。許可する場合でも条件を付けることがあります。

  1. 舞台、客席での火気の使用( 演出上、火気及びスモークマシン等を使用する必要がある場合は、消防署の許可書を添付してください)
  2. 客席でのテレビカメラ、ミキシングアンプ等機材の設置
  3. 看板、ポスター、旗、立札、その他これらに類するものの掲示及び仮設物件の設置
  4. 印刷物、資材、商品見本等の展示、配布
  5. 写真撮影、録画等
  6. 募金活動

緊急避難について

 行事の開会に先立ち、非常時の非難に関する告知を行って下さい。緊急避難の事態が発生したときは、関係者が一体となって客の避難誘導に対応できるように御協力下さい。

その他

【ホール貸出物】

これらのものは当日フロントにてお貸出しします
湯のみ(40個)/湯沸しポット(3個)/お盆(1枚)/ 水差し容器(4組)/
おしぼり受(4個)

※2F・第3楽屋隣に流し台がございますのでご利用ください。

page top